Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9py29ulxbhcnruzxjzl2pwzy9iyw5uzxjfzgvmyxvsdc5qcgcixv0

【アパレル企業】面接での服装

アパレル業界の面接…「スーツ禁止」で困ったときの服装対策Anchor


面接時の服装は、スーツやオフィスカジュアルが一般的です。
しかし、アパレル業界の企業によっては、「スーツ禁止・カジュアルな服装で来てください」との指定がある場合もあります。
こういったケースに対処するため、印象の良い服装選択のポイントを紹介いたします。


「面接の場であること」を念頭において考える

特に1次面接では、相手の第一印象によって企業風土とのマッチングを判断する側面も強くあります。そのため、企業の雰囲気と自分の印象は親和性が高いという点をアピールするためにも服装は大切なエフェクトの1つです。


企業風土に合う服を選ぶ

カジュアルブランドかラグジュアリーブランドかによっても、選ぶ服装の方向性はかなり変わってきます。主要ブランドを確認し、企業風土に合いそうな服装を選択しましょう。面接を受ける企業の製品のみでコーディネートする必要はありませんが、他社ブランドのロゴが大きく入った服などは避けた方が無難です。

ひとくちに『スーツ以外』と言っても、Tシャツやジーンズでも良いのか、ジャケットを着用した方が良いのかは企業によって異なります。弊社を通してご応募された際は面接対策のご相談も承ります。具体的なイメージがわからない場合は、担当コンサルタントにご確認ください。


清潔感に注意

清潔感はどの企業へ面接に行く際にも大切なことですが、特にアパレル企業では服の扱いまで細かくチェックする傾向があります。
髪や爪の手入れは元より、服のアイロンがけや、染み・色落ちのチェックなども、前日の夜までに準備をしておきましょう。

また、当日の天気が雨になりそう・猛暑でひどく汗をかきそうなどトラブルが予想できる場合は、面接会場へは早めに向かっておくなどの対処も大切です。


最後に

面接準備で一番大切なことは「自信を持ってアピールできる状況を作る」ことです。服装は大切なポイントですが、事前準備の範疇であり、それで全てが決まるわけではありません。

服装や印象を気にしすぎ、きちんとアピールができずに終わってしまっては本末転倒です。
奇をてらいすぎて奇抜な服装になってしまった、自分に似合わない服装を選んで服に着られてしまったなどの事態を避けるよう、できるだけ自分に自信が持てる服装を心がけてください。


転職をお考えの方は、アイコンパートナーズにぜひご登録ください!
事前に、応募企業に合わせた面接アドバイスなどのサポートをいたします。

 会員登録ページへ 


TOPに戻る

今すぐ登録