Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9py29ulxbhcnruzxjzl2pwzy9iyw5uzxjfzgvmyxvsdc5qcgcixv0

35歳からの転職:年代ごとのキャリアパス

企業から求められるものは年代ごとに異なるAnchor


「35歳が転職できる最後のチャンス」転職氷河期の時代には、そんな噂が流れていた時期もありました。現在はどの企業も人手不足、35歳を超えたら転職できないなんて事はありません。近年転職者の平均年齢は上昇傾向にあり、弊社を通してご転職を成功される方もミドル層がメインです。
ただし、年代ごとに企業から求められる事は異なっており、それを理解していないとご転職活動も厳しいものとなります。


【各年代に求められるもの】

20代 新しい挑戦が可能
<求められるもの:ポテンシャル、人柄、ソフトスキル>
20代は基本的にポテンシャル採用の色が強く、ソフトスキルを重視されるため、アピールの仕方によっては業界や業種を限らず新しい挑戦が可能です。ただ、20代で数年おきに何度も転職をしてしまうと、「定着しないタイプ」「採用しても、すぐ居なくなってしまうのでは」と懸念されてしまう要因にもなり得ます。

30代 即戦力になれるスキルがあれば、異業界も挑戦可能
<求められるもの:即戦力=入社後すぐに結果を出さなければいけない>
30歳を超えると、中途採用では即戦力として働いてくれるか否かが重視されます。「今までの職務経験・実績を活かして、どのように新しい会社で貢献できるか」と言う点で評価されるため、実績を伴った説得力のあるアピール方法が求められる傾向が強いです。

40代 今までの経験を生かす転職、キャリア転向・未経験はかなり厳しい
<求められるもの:即戦力+マネジメント能力>
即戦力としてのスキルに加え、部下・チームのマネジメントやプロジェクトマネジメントなど、管理職としての力を問われる求人が殆どとなります。また、スタートアップ・ベンチャーでの求人であれば、経営に関わる知見・事業全体を見渡せる力も求められます。


【「年齢」よりも「スキル・実績」】

35歳を目前に、年齢が差し迫っているからと焦るくらいなら、転職マーケット上で価値の高いスキルを身につけ、武器を研ぐことをお勧めします。基本的にポータブルスキル・ソフトスキルはどの年齢層でも強く求められますが、年代が上がるほどにスキルに応じた「実績」も強く求められます。自分の強みを把握し、実績を立ててキャリアを築くのが一番の早道です。

自分に合ったキャリアチャンスを、適切な時期に掴むのは容易な事ではありません。特に中途採用では、在職中忙しい中で限られた時間を有効活用する必要があります。そんなときは、キャリアコンサルタントにご相談ください。 SCM・物流・購買業界に特化したマーケット情報を元に、適切な案件に絞ってご提案いたします。もちろん、面接時間の調整やアピールポイントの棚卸しなど、転職準備のサポートもいたします。チャンスを逃さず、効率的にキャリアアップを狙っていきましょう。


転職をお考えの方は、アイコンパートナーズにぜひご登録ください!
応募企業に合わせた面接アドバイスなどのサポートをいたします。

 登録ページへ 


TOPへ戻る

今すぐ登録