Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9py29ulxbhcnruzxjzl2pwzy9iyw5uzxjfzgvmyxvsdc5qcgcixv0

夏場の面接対策

夏場の面接対策Anchor


5月~6月頃から、蒸し暑い日が続きます。最近はビジネスでもクールビズなどカジュアルな服装が増えていますが、こと「面接」の場となると、やはりフォーマルな装いが求められます。夏は外で活動するのには良い季節ですが、人に会いに行くとなるとケアにより一層注意を払わなければならない季節でもあります。夏場に面接に行く際の服装では、以下の点に気をつけることが大切です。


早めに会場の近くまで行き、クールダウン

面接の服装で1番大切にするべきは「清潔感」です。汗だくの状態で面接に臨むのはやはり印象が良くありません。強すぎる制汗剤や香水の匂いもNGです。普段より早めに会場へ向かい、近くのカフェなどで涼むことをお勧めします。(分煙されていないカフェでは、タバコの匂いなどがつかないように気をつけてください)


「面接の場」を意識した服装を

特に指定がない場合、スーツスタイルが基本です。会場付近まではジャケットは脱ぎ、エントランス付近で着るようにしましょう。
シャツの色は白が無難です。面接官から「ジャケットを脱いでもかまいませんよ」と声がかかる場合も多いため、長袖のシャツを選んでおくと良いでしょう。


クールビズの指定がある場合

企業によっては服装の指定があります。クールビズ・ノーネクタイなどの指定がある場合、基本的には各指定に従ってください。また、弊社を通してご応募された際はご質問にも都度対応いたします。独特な企業風土がある場合は、個別に担当コンサルタントへご質問ください。
アパレル業界に関しては、こちらの記事(アパレル業界の面接…「スーツ禁止」で困ったときの服装対策)をご参照ください。


面接にはある程度慣れも大切ですが、油断が服装に出てしまう場合があります。面接において印象が大切なファクターを握るのは確かです。粗相を気にして話に集中できない、暑さに不快感がぬぐえない中で面接に臨まねばならないなどの状況を避けるためにも、面接前から状況作りを意識して行動しましょう。


転職をお考えの方は、アイコンパートナーズにぜひご登録ください!
事前に、応募企業に合わせた面接アドバイスなどのサポートをいたします。

 会員登録ページへ 


TOPに戻る

今すぐ登録