Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9py29ulxbhcnruzxjzl2pwzy9iyw5uzxjfzgvmyxvsdc5qcgcixv0

ずっと同じ会社に留まるリスク

大切なのは、働いた期間よりも「市場価値」Anchor


転職を考えている、というと「リスキーだからやめておけ」と言われることも多いかと思います。また、今の仕事があるのだからわざわざ転職なんて面倒な事しなくたって良いと、なんとなく同じ企業で働き続けることも多いかもしれません。
しかし、不確実なことが嫌という理由でキャリアを磨かずひとつの会社に居続けると、将来つけが回ってくることも。


【人事視点:長く勤め続けることのメリット/ デメリット】

メリット:長く働いてくれる信頼、忠誠心の証明になる
継続は力なりというように、何年も続けられることは評価されるべきです。
「ちょっとした不満ですぐに投げ出さない」「会社がもし厳しい状況になったとしても、きちんと一緒に乗り越えようとしてくれそう」などのプラスの印象に繋がります。特に古い慣習の残る企業の中には未だ根強く転職回数による足切りがある企業もあり、継続力の証明になる勤続年数は軽く考えていいものではありません。

デメリット:環境・職習慣変化への柔軟性に疑問を抱かれがち
逆に、「転職して環境が変わったら上手く対応できないのでは」と捉えられてしまう事もあります。キャリアにチャレンジが無い、つまりやる気が無い/変化に適応できない人と見られることも。20・30代の若いうちならばいざ知らず、40代になって転職しようと決意したとしても、自分の力でキャリアを変えた経験が無い為なかなか上手くいきません。また、「同じ企業に勤め続けるのが美徳なのは日本だけ」なため、将来グローバル事業に関わりたくてもやりにくくなりがちです。


【 市場価値 > 勤務期間 】

大切なのは、働いた期間よりも「市場価値」です。自分のこれまでの経験をどのように会社に還元できて、即戦力であることを面接でアピールできれば、比較的高頻度で面接は受かります。

働いた期間が長いことはアピールポイントにもなり得ますが、社内で同じ仕事を延々と続けたり、専門性を磨かずただ言われるがまま仕事をこなしたりと、成長をせずにただ長くいただけでは市場価値は高まりません。


【まとめ】

もちろん現職がとても合っていて、自分の人生においてプラスになると思っているのに無理に転職する必要は有りません。また、若いからといって短いスパンで何度も転職を繰り返せば、その後の人生に影響してきます(参照:35歳からの転職:年齢ごとのキャリアパス)。しかし、チャレンジしなくては現状は変わりません。また、ただ周囲が変わるのを待っているだけの人はそもそも転職に向いていません。将来なにか成したいと思うのであれば、常にアンテナを張って自身の市場価値を正確に把握し、チャンスを自ら掴み取るよう行動していきましょう。


転職をお考えの方は、アイコンパートナーズにお任せください!
SCM・ロジスティクス・購買の職種に特化したコンサルタント
転職活動をサポートいたします。

 転職支援サービスお申込み (無料)


TOPへ戻る

今すぐ登録