Connecting...

W1siziisimnvbxbpbgvkx3rozw1lx2fzc2v0cy9py29ulxbhcnruzxjzl2pwzy9iyw5uzxjfzgvmyxvsdc5qcgcixv0

転職時の年収UPと交渉について

転職活動で年収交渉を成功させるにはAnchor


今回の転職の目標は何でしょうか?キャリアアップ、ワークライフバランスの獲得、より良い人間関係の確立など、理由は様々かと思います。しかし、自身のキャリアパスの形成において、『年収アップ』はほぼ全ての方が望むことではないでしょうか。
今回は、転職時の年収交渉と、リクルーターの役割についてお伝えします。


リクルーターの目的と、あなたのメリットは一致する

リクルーターは、年収交渉の際、できる限り高い給与を得ることが目的です(もちろん、常識的な範囲ではございますが)。
というのも、転職エージェントのビジネスは「成功報酬の手数料型」であるためです。候補者様の転職先で得られる初年度の収入が高ければ高いほど、エージェントもより良い報酬を得ることができます。そのため、リクルーターがわざと年収を低く設定することや、内定先に対して年収の交渉をしないことはありえません。


詳細情報の理解が必須

交渉の場において、年収アップのための具体的な根拠・理由は必須なものです。候補者様から年収の詳細情報や希望金額を正直にお伝えいただけない場合は、交渉は極めて厳しくなります。企業ができるだけコストを削減したがるのは当然の事であり、要望に説得力が無ければ年収アップは容易ではありません。お給料(報酬)は貰うものではなく、稼ぐものですから。

以前、こんな候補者様がいらっしゃいました。とある企業に関心を持ち、最終面接まで通過して、オファーの年収面での交渉段階。「プライベートな情報だから、年収の証明書などは見せたくない」とのご意見で、源泉徴収などを開示しませんでした。リクルーターは年収詳細を知ることができず、根拠や説得力のある理由をもって、増額をプッシュすることができません。企業側としても、口頭だけの主張を受け入れることはできず、結局その方はオファーを受け取ることができませんでした。

また、面接にて現在年収と希望年収を聞かれた際、内定が欲しいあまり希望をかなり低く伝えてしまった方もいらっしゃいました。内定は得られましたが、年収はほとんど変わらず、むしろ手取り額が少し下がってしまう結果となりました。


リクルーターに交渉を任せていただければ、言いづらい希望年収額も正直に伝えることができる上、最終的に出たオファーを見てから受けるかどうか判断することも可能です。
『一番高い年収で、一番良いお仕事を』。より良いキャリアを得るために、ぜひエージェントも上手にご利用下さい。


転職をお考えの方は、アイコンパートナーズにぜひご登録ください!
事前に、応募企業に合わせた面接アドバイスなどのサポートをいたします。

 会員登録ページへ 


TOPに戻る

今すぐ登録